忍者ブログ

大学受験TIPs

大学受験に関する役立ち情報・勉強方針・おススメ参考書等を紹介していきます。  受験に関する相談も受け付けています。このブログの左列下方のメールフォームより送信してください。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

《文法》すばやく読解演習に移るための英文法学習スタンス(意欲的な人へのおまけつき)

 英文法に限らず何かを学習するときは《 概念を理解する → 演習して定着させる 》が最も基本の流れです。科目ごとの性質によってこの流れは微妙に違いますが、概念理解には主に「高校・予備校の授業、講義系参考書」が対応し、演習・定着には「演習系参考書、問題集」が対応します。この記事では英文法に関して概念理解と演習・定着にわけて勉強方法を紹介します。なお、具体的なプランではないのでメイン参考書・サブ参考書といった名称は使用しません。


概念理解

 概念理解に不備があるという人はまず通っている高校の授業をうまく使いましょう。高校の授業についていけないというのであれば中学時代にやった英文法に穴がある可能性があります。恥ずかしがることはありませんから中学時代の英文法をざっと見直してみましょう。人間、時がたてば忘れるものです。あせらずいきましょう。オススメは『くもんの中学英文法 中学1-3年基礎から受験まで(くもん出版)』です。

この本は中学レベルの英文法を短時間で身につけるのに適しています。説明もクセがないので使いやすいです。説明をざっと読んでからチェックテストを解いてください。1周するときにチェックテストで間違えたところに印をつけておいて2周目は印がついているところを見直すくらいで十分です。どうせ時間的に多くて2周しかしませんからガンガン書き込みをして使いつぶしてください。次に、高校の授業は理解できるがレベルが低すぎて不安だという人は予備校の授業をとってください。こういう類のサイトだと何でもかんでも参考書を買わせて解決しようという傾向がありますが、高校や予備校の授業は積極的に使うべきです。やはり自分にとってなじみのないことは読むより聴いたほうが早く理解できるし、わからないところはどんどん質問にいけるからです。ただし、予備校選びは評判をよく調べて慎重に行ってください。



演習・定着

 さて、大学受験に適した英文法の問題集を紹介しようと、現在市販されている英文法・語法の本をいろいろ買い集めて研究してみました。いろいろと比較検討した結果、結局何も紹介しないことにしました。やる気あるのかと怒られそうですが、これが私の出した結論です。わたしが受験生だった頃は英文法の問題集といったら「英頻」(『大学入試 英語頻出問題総演習(桐原書店)』)くらいしかなく、選択の余地はありませんでした。ところが今では有名どころだけでも『Next Stage(桐原書店)』『UPGRADE(数研出版)』など枚挙に暇がありません。生徒さんはみんな類似本のなかから少しでも他書に差をつけられるものを探そうとします。しかし、類似本の数の多さに圧倒されてあれやこれやと探し回るより、何でもよいので1冊仕上げることのほうが大事です。それもできるだけ早く仕上げる。以下に理由を列挙します。

① どれも内容に大きな違いはみられない。

 アマゾンのレビュアーさんや他の参考書紹介ブログの管理人さんは瑣末な違いを取り上げてどれが良いだの悪いだのおっしゃっていますが、収録問題数が類書より多かったり問題配列が頻度順になっていてもその本を使って他の受験生より劇的に有利になれるわけではありません。それに大学入試の英語の到達点は500words~1,000wordsの英文が読めるようになることですから、英文法を学習する段階では事項の多少で極端に神経質になる必要はありません。

② もう既に学校で購入したものを持っている人が多い。
 
 学校単位で一括購入して英文法の問題集は1冊持ってるよという人は多いと思います。実際私の使っていた「英頻」も学校からもらったものでした。学校にもよりますが、授業に直接使用したり小テストの出題範囲に含めたりすることが多いはずです。そういう場合あえて自分で購入した参考書で勉強する利点はありません。かえって混乱するだけです。与えられた本で授業の進度にあわせて勉強するのが最も負担のかからない方法です。

③ 現在の大学入試では「短文」で出題されるいわゆる「英文法」の問題は少なくなってきている。

 大学入試の英語に文法はいらないといっているわけでは決してありません。最近の大学入試における英文法は短文での出題は減り、長文のなかで問われることが増えています。短文での出題が多ければ英文法問題集の選択が明暗を分けますが、そうでないのなら英文法問題集は最低限の事項が入っていればなんでもよいことになります。もちろん、短文型の問題で体系的に学習することは必須です。しかしそこにかける時間は最小限にして長文のなかで文法を復習しつつ解きなれるのが効率的です。


結論

 もう既にもっているという人はその本を、まだもってないという人は書店へいって自分の目でみて好みに合うものを買って、今すぐ始めてください。アクセントや会話問題などは後回しでいいですから文法事項の部分を知識として覚えてしまってください。あまり答えの絞り方などは気にしなくていいです。それは構文学習など長文読解の訓練を深めにやれば自然と身についてくるはずです。




意欲的な高1・高2生・浪人生へ

 ここからはおまけです。高3生は読み飛ばしてください。ここまで最短距離で英文法を習得して読解につなげるための方法についてお話してきましたが、ここからは回り道の方法についてお話します。高1・高2生・浪人生は比較的時間に余裕があるでしょうから深い学習ができる参考書を望む皆さんがきっといるはずです(現時点での実力は不問)。本当は英語を学ぶ人全員に取り組んでほしいくらいなのですが、1年で受験レベルまでもっていこうとする人には時間がかかりすぎてとてもじゃないが勧められません。大学受験レベルを超えないという基準で挙げれば、『英文法のナビゲーター上・下(伊藤和夫、研究社)』です。

実際の大学入試問題を題材に、より学問的に文法を解説しています。もともと旺文社のラジオ講座のテキストとして書かれたものがもとになっているそうなので、文体は非常に読みやすいです。《問題 → 解説》の順で構成されていますが、先に解説を読んで復習用に問題を解くことを勧めます。解説を読んだ後、何の迷いもなく問題が解ける爽快感を味わってください。時間をかけて深く学習した末に手に入れた実力は、ただ量をこなすだけで勉強してきたつもりのライバルを軽々と粉砕するでしょう。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

管理人が相談受け付けます

最新CM

[08/29 NONAME]
[09/09 NONAME]
[10/16 NONAME]
[06/08 NONAME]
[02/15 NONAME]

最新TB

プロフィール

HN:
名無しのチューター
性別:
非公開
自己紹介:
受験大好きチューターです。

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

売れ筋

Copyright ©  -- 大学受験TIPs --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]