忍者ブログ

大学受験TIPs

大学受験に関する役立ち情報・勉強方針・おススメ参考書等を紹介していきます。  受験に関する相談も受け付けています。このブログの左列下方のメールフォームより送信してください。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【解答用紙】自宅でセンター模試【便利グッズ】

 センター模試は問題の質はともかくとしても、受験は必須であるといえます。周囲に同じ受験生がいて緊迫した雰囲気の中、マークシートを塗りつぶすという作業は、事前の練習なしでは厳しいものがあります。雰囲気に圧倒されてしまって実力が発揮できなかったとか、うっかりマークミスをしてしまったといった学力以前のミス極力避けたいものです。ところが、地方に住んでいてなかなかセンター模試を受験できないという方もいるでしょうし、何より一番本番に近い演習をしなければならないセンター直前期(12月後半~1月)に実施される模試は数えるほどしかありません。したがって高校・予備校などでの補完がなければ、本番に近い形での演習はどうしても不足してしまいます。そこで、この記事では自宅で簡単にセンター模試ができるグッズを紹介します。



◆ 問題
  問題は過去問や予想問題の中から好きなものを別途購入してください。本番同様の形式ならばどんなものでもかまいません。
  ⇒ 過去問集・予想問題パック


◆ 解答用紙
  今までみなさんはセンターの演習をするときどうしていましたか。問題に直接書き込むだけであったり、過去問や問題集についてきた解答用紙をコピーして使っていたという人が多いとおもいます。しかしこれでは本当の意味でのセンター試験の練習にはなりません。問題集付録の解答用紙は用紙サイズが異なる場合が多いですし(本物はA4)、コピー用紙ではマークの感覚が本番と異なります(本物の紙質はルーズリーフのそれに近い)。そこで今回おススメなのが以下の商品です。

『センター模試向け新マークシートSN0019(国・英・社・理)』 スキャネットシート
センター模試向けマークシートSN0017(数・理)



この2つでセンター全科目テストすることができます。100枚と聞くと多いとおもうかもしれませんが、1年分のセンター過去問・模試を解くのに国公立大志望者なら一度に6~7枚は使うので、結構あっという間になくなります。


◆ 採点
  そして、上記の解答用紙のすごいところは《自宅のスキャナ付きプリンターで採点ができる》、しかも《その採点用ソフトは1年間無料》というところです。「自分ではマークしたつもりだったのに機械に読み取ってもらえなかった・・・」などという失敗をしないためにも自宅で採点できるというのはかなり大きなアドバンテージになるはずです。どの程度の濃さまで読み取るのか、どの程度はみ出してもOKなのか、こういったことを自分の体験に基づく感覚として身に付いていればセンター試験本番で余計な不安を感じずに済みます。

⇒ 無料採点ソフトをダウンロード

⇒ スキャネット(マークシート販売元)サイト




PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

管理人が相談受け付けます

最新CM

[08/29 NONAME]
[09/09 NONAME]
[10/16 NONAME]
[06/08 NONAME]
[02/15 NONAME]

最新TB

プロフィール

HN:
名無しのチューター
性別:
非公開
自己紹介:
受験大好きチューターです。

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

売れ筋

Copyright ©  -- 大学受験TIPs --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]